『今』よりも幸せになるための方法論!                          ☆ハピプラ~happy plus~☆

閲覧ありがとうございます!hirohito6001です。このブログは資産活用したいけど、そもそも資産なんてなぁい!!という人にはもってこいのブログです。新婚さん、新生活を始めた社会人、今普通に働いているサラリーマンやOLさん必見です!このブログに書いていることを実践すれば、限りなくローリスクで今よりも価値のある毎日を送ることができるでしょう☆その方法論を私の実践も含めて書いていきたいと思っています。あなたの生活に幸せをPLUSできたら幸いです☆

ふるさと納税は絶対するべきです☆今年はまだ間に合いますよ(^_-)-☆

みなさんふるさと納税してますか???私はめっちゃしてます笑

というよりも、やってない人は絶対もったいないと思います。正直言ってこの制度は、ローリスク(ノーリスク?)ハイリターン

です☆

 

周りの友人たちもやっている人が多いですが、やっていない人はたいてい

『興味はあるんやけどねぇ』という感じ。

でもやらないんですよね・・・・。これが行動力であり実行力。やるかやらないかで大きな差が出ることが分かっているのにやらない・・・もったいない笑ネットでも本屋さんでも情報がいっぱい出回っているので、ごくごく簡単に説明しますと・・・・・

 

<ふるさと納税とは>

①個人が納めている住民税の内、およそ2割を目安に自分のふるさとや応援したい自治体へ寄附することである!

②年間の合計寄附額のうち2,000円を超える部分について、税の控除を受けることができる。また、その寄付の使い道も指定できる!

③寄付をした自治体から各地域の魅力的なお礼の品をもらえる!

(これがかなりでかい☆)

 

結局どやねん??という話ですが、ふるさと納税をしようがしまいが、年間の所得によって私たちは住民税やら所得税やらを支払っていきます。もちろん私も払っています。この制度は、もちろん地方活性や地方応援の意味もありますが、幸せをGetしたい我々のメリットだけを書くと・・・

『本来自分の自治体に支払うべき税金を、任意の自治体に支払うことで、お礼の品がゲットできる制度!』

という感じです。同じ金額なのですが厳密には2000円の持ち出しが必要になります

『おいおい!それなら2000円マイナスやん!!』

となりそうですが、決してこの2000円はマイナスにはなりません。

 

極端な例を出すと、この2000円を手数料として考えたとします。例えば100か所にふるさと納税しても、2か所にふるさと納税してもこの手数料の合計は2000円で同じなのです。だからもしも100か所に10000円ずつふるさと納税をした人がいたとしたら、その人は翌年の住民税や所得税から

10000円 × 100か所 =100万円のふるさと納税

100万円 - 2000円(手数料)=99万8000円

この99万8000円が、控除されることになります。

このままだと、やっぱり2000円余分に払ってるやん!となりそうですが、それが違います。

この人は1万円を100か所にしているので、本来支払う範囲の税金+2000円を払ったことによって、寄付をした100か所の自治体からお礼の品が、単純計算100個届くことになるのです!!!

ようするにいつも通り払う税金とたった2000円の手数料でご当地名産品なんかが、100個も家に届くんです☆

 

実際には、自分の納めるべき税金の2割ほどがふるさと納税できる上限になってくるので、もしも読者の中に1万円を100か所できるような人がいたとしたらとてつもない年収の人だということになります!!ちなみに私にはそんなことができる年収はありません( ゚Д゚)いやっ無理でしょ笑

(※ふるさと納税の限度額は、世帯構成や年収で変わってきます!)

 

これが制度のさわりの部分です。ちなみにうちの夫婦は、ある自治体にふるさと納税を3万円してお米60㎏(5Kg×4袋×年三回)のお礼の品をもらいました。ですので、この一年間お米は一切買ってません笑

今はだいたいスーパーで5kgのお米は2000円前後ですかね?

ってことは2000円(5kg)×12(袋)=24000円

↓ ということは

本来支払うべき30000円の税金をふるさと納税しただけで、およそ24000円分のお米を手数料2000円でもらったってことになります。逆の言い方をすれば、2000円で24000円分の米60kg買ったみたいなもんです☆

やばくないですか??

しかも自治体の数は増えても、二か所目以降は手数料2000円はかかりません。

金銭的負担は変わらないのに物はいっぱいもらえます!!

(※寄付する自治体数によって、確定申告をする必要がでてきます!5か所以内であれば確定申告はいりません。)

 

今年の締め切りは12月中旬から下旬でしょう!あとおよそ一か月!

詳しいやり方と得するやり方、後日書きます!明日から出張なので、今日書けたら書いときます。無理なら日曜夜に書きます!

では☆

hirohito6001

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村


人気ブログランキング