『今』よりも幸せになるための方法論  

このブログは資金の活用やクレジットカード、マイル、お役立ち情報などを私の実践も含めて書いています。読者の皆様のお役に立つことが目標☆

花粉症の市販薬(セルフメディケーション対象商品)一覧ならこれ!セルフメディケーション税制を上手に使おう!

おはようございます。超絶花粉症男子hirohito6001です笑

 

みなさんは花粉症はどうですか??

私は今、口呼吸でブログを打っています・・・・。そうなのです。

花粉症がひどいのです私・・・・。

 

f:id:hirohito6001:20190316070551p:plain

 

以前、病院で血液検査をしてもらって出た結果が・・・・

 

”スギ・ヒノキ・ぶた草・稲・ハウスダスト”

 

に私は反応するとのこと・・・・。

 

いやいやどこで息したらいいねん( ;∀;)

 

というレベルで笑いました笑

 

しかも私の場合は、くしゃみ鼻水鼻づまりだけでは収まらず、もれなく目もかゆく、おまけに口の中にアレルギー反応で小さいブツブツができてめちゃくちゃかゆいんです。。常に舌で上あごをかいています。つらいです( ;∀;)

 

 

ということで、今日は題名にもあるとおり、花粉症の市販薬について書いていきたいと思います。

 

”市販薬ではなくて病院に行けばいいのに”と思われた方もいるかもしれません。もちろんそうです。耳鼻咽喉科に行って、医師の診察を受ける方がきっといいと思います。

 

ただ・・・この時期の耳鼻科って激混みですよね・・・。仕事をしていて日中に行くなんてまぁ無理だし。あきらめる人も多いかもしれませんし、とりあえずマスクだけでもという人も多いことでしょう。

 

そんな忙しい方の大きな見方が『市販薬』なのです。今回のブログでは、”これが効きます”という紹介ではなく、”どうせ買うならこれを買ってみればしょうでしょう?”ということを書いていきます。どなたかの参考になれば幸いです☆

 

 

 

1.花粉症の市販薬(セルフメディケーション税制対応)

花粉症の市販薬は薬局に行けば、多くの種類が販売されていますよね。病院にいけないときの強い味方ですよね。この時期はCMもよく流れていますね。私も買っていて思いますが、これらの薬って結構高いんです・・・。値段を見て『60錠入りじゃなくて30錠入りにしよう・・』なんて思われた方もいるかもしれません。そこでこの制度を使う前提で薬を選んでみましょう。その制度というのが『セルフメディケーション税制』というものです!

 

・セルフメディケーション税制とは

f:id:hirohito6001:20190316072330p:plain

(厚生労働省HPより)

 

上の図の概要としては、自分や自分の配偶、生計を一とする家族の年間の対象薬の購入金額合計が12000円を超えるときには、上限を8万8000円としてしてその超える部分を控除しますよということです。(各種条件あり)その条件を満たしていれば、税金を優遇しますよということですね!

 

 

①セルフメディケーション税制のポイント

f:id:hirohito6001:20190316073443p:plain

 

・セルフメディケーション税制の対象商品は約1500

 

・セルフメディケーション税制は、合計購入額が1万2千円を超える部分の金額が控除される(上限は8万8千円)

※レシートが必要ですから取っておきましょう!!

 

平成 29 年1 月1日から平成 33 年 12 月 31 日の間に購入した対象薬が対象

 

・自分だけでなく、生計を一にする親族も対象

 

利用するには健康診断や予防接種などの健康管理が必要

 

セルフメディケーション税制と医療費控除のどちらかしか選べない

 

・控除を受けるには確定申告が必要

 

・レシートには5つの項目の記載が必要

ということがポイントとして挙げられます。

 

前回私が書いた記事で確定申告と医療費控除について触れましたが

www.hn-happy-plus.com

www.hn-happy-plus.com

 

2019年度の確定申告をする人も、する予定のない人も、もしもセルフメディケーション税制を利用できそうなのであれば、レシートを必ず保管しておきましょう。

 

ただ上にも書いたように、医療費控除とセルフメディケーション税制は併用することが出来ない点は注意が必要です。

 

とはいえ医療費控除では10万円の医療費が基準額になってくることに対して、セルフメディケーション税制では12000円が基準額となるので、該当する人も多いのではないでしょうか??

 

両方とも該当する場合は、より税制上のメリットが大きい方で申告すればいいということですね☆

 

あっ前も書きましたが、基準額に達していても、確定申告をしなければ1円も控除なり優遇は受けられませんので、絶対に該当者は確定申告をするべきです☆

 

 

 

②利用するには健康管理が必要

この制度はだた薬を買えばいいということではないことにも注意が必要です。自らが自らの健康保持増進に努めている必要があるのです!

 

<健康管理の項目>

・インフルエンザの予防接種又は定期予防接種
・市区町村のがん検診の領収書又は結果通知表
・職場で受けた定期健康診断の結果通知表
・特定健康診査(いわゆるメタボ健診)の領収書又は結果通知表
・人間ドックやがん検診を始めとする各種健診(検診)の領収書又は結果通知表)

 

会社員の方であれば、職場での健康診断が行われているかと思われますので、その診断結果通知表があれば条件はクリアできますね☆コピーで大丈夫です。

 

 

とはいえ上記項目を受けた際は、必ずその時の関係書類(診断書・領収書等)は手元に保管しておくようにしましょう。証拠がないと証明できませんので笑

 

2:花粉症市販薬の一覧(一部)

さていよいよみなさんが知りたい部分です!薬局に行くと花粉症だけではなく、色々な薬がありますが、セルフメディケーション税制対応商品には、こんなPOPがついていることが多いです。

 

f:id:hirohito6001:20190316073443p:plain

 

手に取った商品が対応しているかわからない場合は、お店にいる薬剤師さんに聞いてみるといいと思います。

 

今回は、花粉症の市販薬、且つ、セルフメディケーション対応のものの一覧(一部)を下記に紹介します。

 

見やすいようにスクショでいきますので、これを見ながら薬局で自分に合いそうなものを選んでください。

 

抜粋先は、マツモトキヨシのHPないで検索をかけた結果となります。これ以外にもあるかもしれませんので、そちらについても薬局で確認をしてくださいね!

 

 

ここから検索をかけられます!

www.matsukiyo.co.jp

 

花粉症については下記ご確認ください(^^)/下のスクショの画面へのリンクです!

www.matsukiyo.co.jp

 

☆商品一覧(一部)☆

f:id:hirohito6001:20190316081243p:plain

f:id:hirohito6001:20190316081254p:plain

f:id:hirohito6001:20190316081303p:plain

f:id:hirohito6001:20190316081313p:plain

f:id:hirohito6001:20190316081323p:plain

f:id:hirohito6001:20190316081332p:plain

f:id:hirohito6001:20190316081351p:plain

f:id:hirohito6001:20190316081409p:plain

f:id:hirohito6001:20190316081426p:plain

 

f:id:hirohito6001:20190316081449p:plain

 

3:本日のまとめ

私のブログは、できるならお得に!ということもコンセプトに入っているので今回は書いてみました。日中忙しくしている方には市販薬は強い味方ですよね。価格はやはり高いですが、このセルフメディケーション税制を利用をして、少しでも税金の控除が受けられるならばうれしいですよね☆

 

でも・・・申告しなければ何にもありません。情報を持っているのか持っていないのかで長期スパンでは大きな差になってきます☆自分にメリットのある情報を取り入れましょう(^^)/

 

ちなみに私がマツキヨのHPの検索リンクや画像を貼った理由は、市販薬を買う場合はマツキヨを必ず利用するからなのです。

 

なぜhirohito6001が薬をマツキヨで買うかというと・・・・

 

JALマイラーだからです☆

 

マツモトキヨシはJALカード特約店なので、支払によって得られるマイルが2倍貯まります。だから2000円くらいの薬を買ったら40マイル貯まりますので、ちょっと得ですよね(^^)/

 

おまけにマツキヨは、クレジットカード決済をした場合にはもちろんクレジットカードのポイントは付与されますが、併せて、マツキヨポイントカードやdポイントカードのポイントも提示すれば付与されます!

 

ポイントの二重取りというやつですね☆

 

読者のみなさまの参考になっていれば幸いです(^^)/

 

では☆

hirohito6001

 

 

にほんブログ村 人気ブログランキング