『今』よりも幸せになるための方法論  

このブログは資金の活用やクレジットカード、マイル、お役立ち情報などを私の実践も含めて書いています。読者の皆様のお役に立つことが目標☆

10月22日は祝日です!知らない人が8割!その理由を解説します!

10月22日は祝日!8割が知らないその理由はいかに!?

     f:id:hirohito6001:20190726070124p:plain

今年2019年、令和元年10月22日は祝日になります。みなさんはご存知でしたか??調査によると8割近くの人がこのことを知らないそうです。また、この題名を読んで手帳を開いた方もいらっしゃるかもしれませんが、手帳の発売時期によって記載されているものとされていないものがあるので、なおさら知らない人も多いようです。ちなみに私の手帳にはその旨の記載はありません。今回は、多くの人が知らないその理由を解説していきたいと思います!

 

 

2019年10月22日は即位礼正殿の儀

f:id:hirohito6001:20190726073227p:plain

平成時代の終焉

昭和の時代が終わり、平成の天皇陛下である明仁さまが即位されたのは、1989年1月7日。この日から”平成時代”が始まりました。そこからおよそ31年。平成31年4月30日をもって、明仁天皇が退位されたことにより、平成の世が終わりをつげました。この日に行われたのが、『退位礼正殿の儀(たいいれいせいでんのぎ)』です。この退位に伴う儀式が行われたのは1817年以来およそ200年ぶり。それは江戸時代の1817年に光格天皇の退位以来となります。明治以降は一世一元の制(一人の君主につき一つの元号)を採用しており、基本的に天皇陛下の崩御によって一つの時代が終わりをつげるという制度があったからです。憲政史上初めて上皇が誕生した瞬間でもありました。

 

平成天皇が退位されたことにより4月30日が国民の休日となり、2019年のゴールデンウイークが10連休になったことも記憶に新しいのではないでしょうか。

 

<2019年のゴールデンウイーク>

      f:id:hirohito6001:20190726073943p:plain

 

新時代令和の幕開け

 f:id:hirohito6001:20190726074139p:plain

平成最後の日、2019年4月30日に平成天皇が退位された翌日5月1日、令和時代の新天皇が即位されました。令和時代の天皇陛下は徳仁様(なるひとさま)です。

 

天皇は在位中は今上天皇(きんじょうてんのう)と称されるので、令和時代は今上天皇徳仁様の時代になったということですね。日本政府は新元号”令和”の意味について「beautiful harmony=美しい調和」と説明しており、万葉集から言葉を引用したそうです。

 

もうすでに令和の時代に突入しておよそ3カ月経ちましたが、10月22日が祝日になる理由がここにあります。

 

それはこの2019年(令和元年)10月22日(火)に行われる儀式があるからです。

 

その儀式が

即位礼正殿の儀です。

 

この即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)は即位した天皇が国内外に即位を宣明する儀式をいいます。これが行われる日となるので祝日となるのです。

 

月額5,950円でレッスンが24時間受け放題!

 

今回も大型連休になるのか

 f:id:hirohito6001:20190726080023p:plain

2019年(令和元年)10月22日は火曜日です。この日はゴールデンウイークのような連休には残念ながらなりません。

 

2019年のゴールデンウイークが10連休になった理由は

      f:id:hirohito6001:20190726073943p:plain

”国民の祝日に関する法律第3条第3項に規定する休日(例) 前日と翌日の両方を「国民の祝日」に挟まれた平日は休日となる”という規定に伴って大型連休になったためです。

 

ですから、今回の10月22日に予定されている即位礼正殿の儀はあくまでも祝日であり、連休とはなりません。

 

また、5月1日の徳仁天皇即位に伴う祝日や即位礼正殿の儀に伴う今回の祝日は2019年に限り取られる祝日であることも忘れないようにしましょう。

 

<2020年度のゴールデンウイーク>

f:id:hirohito6001:20190726081133p:plain

2020年度(令和2年度)のゴールデンウイークはこのようになります。暦通りにお仕事をされている方は、5連休となります。

 

天皇誕生日という祝日の変化

本題とは趣旨が違いますが、少し書いてみます。平成時代の明仁様の誕生日は12月23日でした。ですから、2018年までは12月23日は”天皇誕生日”として祝日になっていたわけです。

 

では令和時代に変わってその祝日はどうなるのでしょうか。2019年12月23日は平成天皇退位によって平日となります。これまでの慣例でいけば、12月23日は何らかの祝日になるかもしれませんが現時点では未確定のようです。

 

令和時代の徳仁天皇の誕生日は2月23日であるので、2020年より2月23日が天皇誕生日となり祝日になります。

 

<これまでの天皇誕生日の変化>

 明治天皇

誕生日:11月3日

現代の取り扱い:文化の日

 

昭和天皇

誕生日:4月29日

現代の取り扱い:昭和の日

(もともとはみどりの日でしたが、みどりの日は5月4日に変更)

 

本日のまとめ

いかがでしたか?2019年はゴールデンウイークの10連休が大きくクローズアップされていたので、意外と10月22日が祝日であることを知らなかった人も多いようです。今回の即位礼正殿の儀は2019年限定の祝日とはなりますが、日本には多くの祝日がありそれぞれに名称があります。その意味を知ることも大切なことかもしれませんね。今回の記事が読者の皆様のご参考になっていれば幸いです☆

 

hirohito6001

にほんブログ村 人気ブログランキング