今よりも幸せになるための方法論  

このブログは資金活用やクレジットカード、マイル、お役立ち情報などを実践も含めて書いています。読者の皆様のお役に立てば幸い☆

北海道でスキー、スノーボード旅行!何泊するのがベスト??スキーも観光もできるおすすめの滞在方法を解説!

北海道へのスキー旅行!この方法がスキーもグルメも観光も満喫できる方法!!その方法を解説☆

     f:id:hirohito6001:20191014221842p:plain

北海道でのスキーやスノーボード!そして何よりあのパウダースノー!考えただけでテンションがあがりますよね☆今日は、北海道在住者以外が北海道へのスキー旅行を企画する場合に、最も有意義に時間を使うことのできる方法を解説します。

☆アクセサリランキング☆

2泊3日の北海道スキー旅行の通常の行程はこんな感じ

    f:id:hirohito6001:20191014223111p:plain

 私が関西在住なので関西からの場合を例として書きますが、おそらく関西圏以外の方も同じような行程になるかと思われます。

  

<1日目>

・早朝に起床し、空港へ向かう。

 

・早く着きたい気持ちから朝一番の便を予約。

⇒大阪からJAL便を利用の場合は、8時発が最も早い便となります。

 

・午前8時:伊丹空港より出発

⇒飛行時間はおよそ2時間

 

・午前10時:新千歳空港に到着

⇒手荷物等を受け取り、各スキー場行きバス乗り場へ

 

・午前11時:バスに乗車

⇒今回は私が毎年行くルスツの場合のバスを想定しています。

f:id:hirohito6001:20191014224200p:plain

関西方面から行く場合、9時50分に乗るのはJALを利用すると不可能です。ANAでも調べてみましたが、伊丹利用の場合の最も早い出発便は8時40分でしたので、こちらの場合も不可能です。あと、私はゲレンデへの移動はバスをお勧めします。レンタカーでももちろんいけますが、普段雪道を運転していない方が運転をするのは大変危険です。事故を起こしてはすべてが台無しですから、少なくとも北海道の道になれているバスの方が安心感があります。

 

・午後1時:ルスツに到着

⇒今回はルスツを目的地にしているのでおよそ2時間で到着しますが、ツアーがある有名なスキー場へのアクセス時間は下記の通り。

(ニセコ:2時間40分)

(キロロ:2時間)

(トマム:2時間)

 

・午後1時半:荷物を運んだり、スキー宅急便を受け取る

⇒私の場合は、夫婦で行くのでスキーのセットが2組。とてもじゃないですが荷物もある状況でそれを持っていくことはできません。毎年スキー宅急便を利用して、現地で受け取るようにしています。そのような利用をしている方も多いので、宅急便受け取りなどを終えると大方1時半を過ぎていることかと思われます。

 

・午後2時前:チェックイン

部屋が空いていれば、チェックインして部屋に入ることが出来ます。空いていなければ、先に滑るかチェックイン時間を待つかという選択になります。ルスツの場合は、各部屋ごとにスキーロッカー(スキーやスノーボード、ブーツなどを入れておくロッカー)があるので、いずれにせよフロントに立ち寄って、そのロッカーキーをもらう必要があります。

 

・午後2時ごろ:お部屋へ

アーリーチェックインをすることができたとしたら、部屋に入ることが出来ます。おそらくちょっと休憩しますよね?『さて、滑りに行こうか!』と腰を上げるころには、3時前くらいにはなっているのではないでしょうか。

 

・午後3時ごろ:ゲレンデへ

待ちに待ったスキー、スノーボードタイム突入です☆楽しみましょう!ルスツのリフト券ではナイターも滑ることができます。2時間ほど満喫したら・・・・

 

・午後6時ごろ:夕食へ

これも旅行の醍醐味の一つ!楽しい夕食タイムです☆いっぱい食べましょう!

 

・ナイターへ!!いく・・・?

想像してみて下さい。早朝に起きて移動、2時間ほど滑った、夕食も食べてお酒も飲んだ!ここからナイター行きます??笑。私には無理です。もちろん行くことは可能ですが、たぶん行かないです。そうすると、あとはお風呂に入っ眠るという流れになりますよね。

 

<2日目>

・終日フリータイム

 

<3日目>

・起床

・朝食

・チェックアウトの準備

・チェックアウト

・滑りに行く

(夕方出発の便を取っている場合は、遅くとも昼過ぎのバスに乗って空港に向かわねばいけません。ですから、滑れても11時過ぎくらいまででしょうか。)

・バスに乗車

・空港到着⇒離陸

 

このような形で2泊三日が過ぎ去るのですが、3日間の旅行の目的はスキーでありながら、滑れる時間はかなり限られてしまいます・・・・。

初日:2時間ほど

2日目:8時間ほど

3日目:2時間ほど

 結局、3日間いても終日滑れるのは中日だけになるんです。これってせっかく行ったのに何かもったいない気がしますよね。1日泊数を増やせば、フリータイムの日が1日増えることになります。そのかわり、宿泊費もとんでもなく跳ね上がります・・・。

 

調べてみたらこうでした・・・高すぎです。

楽天トラベルにて大人二人で飛行機朝発、帰り夕方発

12月28日~30日の2泊3日

f:id:hirohito6001:20191015003912p:plain

12月28日~31日の3泊4日

 検索してみましたが、10月14日時点ではもうこの日程での予約は満室で出てきませんでした。

 

ですからホテルでの滞在時間を加味すると、私はこのような行き方をしません。私がやっている方法を書きます。

☆ウェア人気ランキング☆

私が実践するベストな方法

f:id:hirohito6001:20191014232431p:plain

北海道へスキーやスノーボードをしに行く方は近場で行く方よりも、やっぱり北海道の雪や自然に魅力をより感じている方だと思います。ですから、尚更滞在期間は大切にしたいと思われているのではないでしょうか。私は少なくともそう思っています。私がここから書いていく内容は、上述した旅行内容よりも費用と日数が少しかさむ可能性がありますが、北海道スキー旅行を満喫するにはこれが現時点ではベストだと思っています。

方法はこれ!!札幌に前泊する!!

これですよこれ、前入りするんです!これが一番ベストな方法です。

『それはそうだろ!!』

と突っ込まれそうですが、理由はこうです。スキー以外にもメリットがあります☆前泊すると翌朝にゲレンデへ向けて出発することになりますが、10時ごろにはゲレンデに到着することが出来ます!これだけでゲレンデ到着初日の滑走時間を4時間ほど伸ばすことが出来ます

※先ほど書きましたがこれを実行するには時間的余裕と少しの金銭負担が増えるという点はご理解ください。

 

<メリット>

①飛行機の時間と値段の選択に幅がひろがる!

⇒前泊するとなると、道内在住者でなければ年末年始期間が比較的時間を取りやすいことでしょう。私もそうです。しかしこの期間、飛行機めちゃくちゃ高いのです。

今年の12月28日(土)に出発するとすると・・・・

JAL朝一便

f:id:hirohito6001:20191014233640p:plain

記事を書いている本日(10月14日現在)で片道この値段です。やはりその日を一日有意義に過ごすことができる便は高いです。その理由から最終便も同じ値段になっていました。この28日の中で一番安い時間帯と値段は下記の通り。

f:id:hirohito6001:20191014233918p:plain

その差額およそ2万円ほどとなっています。前泊しないのであれば、この便に乗る理由は仕事があるなどではない限り皆無です。しかし前泊するならば、この差額2万円を前泊分の宿泊費に充てることもできますよね☆

 

 ②予想以上に札幌のホテルは安い!

札幌のホテルの価格帯についてですが、調べると意外と安いです!!私は今年の年末にも前泊で札幌ステイしますが、夫婦二人で1泊1万4000円です!札幌にはおいしい食べ物屋さんがたくさんあるので、ホテルでの食事は必要ありませんから基本的には素泊まりです。この金額であれば、飛行機の時間次第で費用面は変わらない計算になりますね☆

ホテルは上記バナーからも検索できますが、お得に旅行予約をする方法を以前書いていますので良ければご一読ください。確実に得です!

www.hn-happy-plus.com

 

③札幌ではうまい飯が食べられる☆

       f:id:hirohito6001:20191015000247p:plain

うちの夫婦の前泊する目的の一つに”食”があります。北海道のごはん・・・おいしいんです☆ゲレンデに行ってもおいしいご飯は食べられますが、基本的にスキー場があるのは山です。海産物は市場があったり漁港があるところの方がおいしいはず。札幌は、魚介、ラーメン、ジンギスカン、スープカレー、スイーツなどありとあらゆる北海道の有名グルメを食べることが出来ます。これは前泊することの大きなメリットであるといえます。

 

④新千歳空港からのアクセスも良し

f:id:hirohito6001:20191015001145p:plain

仮に上に乗せた15時半発の飛行機に乗った場合、新千歳空港に着くのが17時15分。荷物をピックアップしたりしていると到着口から出るのは17時45分ごろでしょうか。ちょうど夕方にかけておなかも減り始める時間かも知れません。新千歳空港から札幌へはJRの利用が一番早いです!空港に駅があるので外に出ることもなく電車に乗り込むことが出来ます。前泊用のホテルを札幌駅からの徒歩圏内にしているとさらに楽ですよね☆

 

⑤翌日のゲレンデへ朝に出発できる

これがスキーやスノーボードをする上での最大のメリットです。札幌から各ゲレンデへはシャトルバスが出ています。それに乗れば、およそ2時間から3時間でゲレンデに到着することが出来ます。例えばルスツの場合だと、加森観光が運営するバスに8時に乗れば10時にはルスツリゾートに到着することが出来るので、大阪から前泊せずにルスツへ直行するよりも4時間ほど多く滑ることが可能となります!

f:id:hirohito6001:20191015001738p:plain

詳しくはこちら:http://bigruns.com/winter/rusutugou.html

 

☆子どもに人気のソリ☆

本日のまとめ

北海道のスキー、スノーボード旅行で時間を有意義に使う方法として今回は、札幌への前泊について書きました。少しでも現地(ゲレンデ)滞在時間を増やすにはこの方法がベストだと考えます。また、前泊することで北海道へ来たからこそ訪れられる冬の札幌の魅力にも触れられるのでお勧めの方法です。ちなみに私たち夫婦の今年のルスツスキープランは、札幌1泊(前泊)⇒ルスツ2泊⇒札幌1泊(後泊)というプランで組みました。帰りにも札幌へ泊まるようにすることで、ルスツからの帰りの出発時間も遅らせることができますし、前泊で行けなかった札幌観光も可能です。ちなみに札幌にいれば小樽などにも電車で行けるので便利ですよ☆

 

この年末に北海道へ行かれる方はもう予約をしていることかと思いますが、もしもまだされていない場合は、私なら個人手配をお勧めします。理由は、旅行の行程に融通が利くことと、組み方によってはパックよりもかなり安く収まるからです。北海道のスキー旅行は人気なので、まだ予約していない方は急ぎましょう☆読者の皆様の良い旅行の手掛かりになっていれば幸いです(^^)/

 

ちなみにルスツリゾートを利用する場合は、留寿都村にふるさと納税するとお得です☆

www.hn-happy-plus.com

hirohito6001

にほんブログ村 人気ブログランキング